読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銘の竜人

ポケモンの記事メイン。不定期更新

広告

【シャドウバース】ドラゴンのデッキ一覧!フェイスドラゴン、ランプドラゴン…ディスカード!

Shadowverse

今回はドラゴンだ。

f:id:DoragonMaker:20161103180304j:plain

「竜さえ屠る、俺の一撃。受けてみろ!」

 

  • フェイスドラゴン
  • ランプドラゴン(ミッドレンジ)
  • ディスカード(冥府)
  • 竜呼びの笛ドラゴン
  • サタンドラゴン

リーダーの特徴

 主にPPを加速して大型フォロワーを出すのを得意とする。

”竜の託宣”はPPを増やすだけでなく、終盤1ドロー効果もあるので腐りにくいのが強力だ。

また、”攻撃されない”フォロワーを多く持つのも特徴的だ。

 

フェイスドラゴン

f:id:DoragonMaker:20161103180314j:plain

画像のユニコの部分は大嵐のドラゴンと入れ替えで。フェイスがあまりにも多いのでユニコの方が安定していたので私はこっち派だが。

 

軽いフォロワーが多いのが特徴なデッキだ。

そしてPP5以上は死の舞踏とフォルテのみで構成されている。

主軸となるのは”ダークドラグーン・フォルテ”であり、フォルテは疾走持ちで進化すると7打点になるためフィニッシャーとして優秀である。更に、竜の伝令により5PPにしてサーチすることも可能だ。

更には、序盤ムシュフシュがとても強力だ。相手は必ず除去をしてくるため気軽にフェイスを狙えるようになる。更にトリニティドラゴンは攻撃されないため長生きが可能だ。進化権を使えばライフ4となることで、法典・ハゲの範囲外に逃げることまで可能だ。ビショップ相手にするときはこのことを頭に入れると有利に戦えるだろう。

 

有利なデッキは、超越のような遅いデッキ。ミッドレンジ型もやや不利に思えるが”ジークフリート”による除去能力の高さが優れているため、トリニティドラゴンのような場持ちが良いフォロワーを並べることで守護をジークフリートで倒して顔面を殴れるようにすると相手は相当きつい。

逆に、手札切れが激しいこのデッキは、回復手段が豊富なエイラはやや苦手だ。だが序盤遅いので有利をとってしまえばこっちのもんだ。

 

 

ランプドラゴン(ミッドレンジ)

f:id:DoragonMaker:20161103180851j:plain

ランプというのは、マナ加速と捉えてもらえると簡単だ。

竜の託宣ドラゴンナイト・アイラによるPP加速能力を活かして、圧倒的速さで大型フォロワーを出して盤面を制圧するぞ。

ファフニールによる除去能力は素晴らしく、スタッツも高いため出すだけでも強いのが魅力だ。そして10PPで出せる疾走のジェネシスドラゴンはとても強力だ。進化することで9打点まで跳ね上がるので対戦するときはリーサルに注意を。

弱点といえば、序盤からガンガン攻めれるアグロだろうか。PP加速に序盤は専念するために”竜の託宣”を使ってしまえば2ターン目は何もせずエンドと同意なためにライフアドバンテージをどんどん失ってしまう。

逆に、ミッドレンジのような中速デッキ相手には持ち前のPP加速を活かし、フォルテ・ジェネシスドラゴンでライフを削り取ることも可能。

 

マリガンは竜の託宣を狙う。アグロ系相手ならば、ユニコやドラゴンウォーリアを狙うと良いだろう。先行の場合、ジークフリートは握っておくと安心するぞ。なぜなら後攻進化を潰せる可能性が出るからだ。

 

 

ディスカード(冥府)

f:id:DoragonMaker:20161103181448j:plain

新弾による、手札を捨てる度に効果が発動するカードが多く収録されたため生まれたデッキ。

キーカードとなるのは”竜巫女の儀式”だ。手札を捨てると1枚ドローできるので、マイナス効果を相殺してくれる。

6PPで手札が多い状態に出す”天翼を食う者”は強力だ。捨てた手札の枚数分+1/1スタッツされる。

だが、現状処理も簡単にされてしまうので強さはあまり見られない。また、ドロー加速が激しいためにデッキ切れを起こして自ら負けてしまうようなプレイが目立つプレイヤーも多く見受けられた…。

もう少し強化に期待といったところだろうか。

 

だが、そのドロー加速を活かして冥府への道を入れるのも面白いだろう。

 

ドロー加速”竜の知恵”が増えたことにより、ドロー加速は更に激しいモノとなっている。更には優秀なネプチューンという守護がいるので、冥府へつなげる時間稼ぎになるだろう。

 

竜呼びの笛ドラゴン

f:id:DoragonMaker:20161103181835j:plain

”竜呼びの笛”をキーとしたドラゴンデッキだ。

こちらのカードは、3コスト以下のカードを4/3の突進フォロワーに変化させる効果を持っている。比較的に軽いカードが多いこのデッキでは、終盤に腐ってしまうような低コストカードも、力強いフォロワーに変換することで有利に戦えるようになる。また、激しい手札切れもドローカードの追加により補えるようになった。

だが、除去が多いデッキや、エイラのようなデッキ相手には手札が尽きてゲームエンドになってしまう…。

 

今のところフェイスドラゴンを使ったほうが強いのも事実となってしまっている。これからの強化に期待といったところだ。

 

サタンドラゴン

f:id:DoragonMaker:20161103182300j:plain

持ち前のPP加速を活かして、素早く”サタン”を出すデッキだ。

騎竜兵の効果で2PP減らすことも出来るので、最速で8PPのときに出すことが可能だ。

2T託宣 3T託宣アイラとうまく行けば5ターンで出すことが出来るかもしれない。

また、新段で登場したハンプティダンプティによる除去能力を活かして、序盤託宣の弱さを補うことも可能となった。

マリガンは託宣絶対。

 

しかし、やはりロイヤルのような素早いデッキ相手は苦手だ。

 

 

 

他のリーダー

 

doragonmaker.hatenablog.jp

doragonmaker.hatenablog.jp

doragonmaker.hatenablog.jp

 

doragonmaker.hatenablog.jp

 

doragonmaker.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

シャドウバース 公式タクティクスガイド STANDARD/DARKNESS EVOLVED

シャドウバース 公式タクティクスガイド STANDARD/DARKNESS EVOLVED

 
神撃のバハムート ケルベロス (1/7スケール PVC製塗装済み完成品)

神撃のバハムート ケルベロス (1/7スケール PVC製塗装済み完成品)

 
きゃらスリーブコレクション マットシリーズ Shadowverse 「ローウェン」 (No.MT277)

きゃらスリーブコレクション マットシリーズ Shadowverse 「ローウェン」 (No.MT277)